理念・方針

〇 保育理念

豊かに「生きる力」を育てる

〇 保育目標

  • 基本的な生活習慣を身に付け心身ともに健康な子ども
  • 自ら気づき考え自主的に行動できる子ども
  • 思いやりのある優しい子ども

〇 保育方針

  • 子どもの安心と安全を基本として自ら伸びる力を大切にし、成長と個性に応じた多様性のある保育 をする
  • 子どもの目線で豊かな愛情をもって、一人ひとりの気持ちをしっかり受け止め、その主体的な活動 を育む
  • 子どもを中心に捉え、家族や地域との信頼関係を築き、環境を通して、人や物との関わりを大切にする

子ども達の生きる力を育むために、ありのままの姿を受け入れます。

人間は、誰もがたえず受容され、承認され続けたいと思う存在です。特に子どもにとって全面的に認め られるということは、自分の価値を感じるだけでなく相手のことも認め、豊かに生きていくことが出来 るようになります。 

保育者自身の成長の場として、保育園という「社会」の中で成長し続けます。 

保育者という仕事柄、完璧な人間性を求められがちですが、保育者も一社会人と変わりありません。 人との触れ合いや経験を重ね保育の専門性や人間性を養っていきます。 

私たち保育者一人一人も常に原点に返り、子どもや保護者同様成長し続けていきます。仕事への誇り、 喜びやりがいを持ち、安心して保育に向き合える環境を作ります。